menu menu2
NEWS新着情報

ご予約・お問い合わせ

090-8011-5229

090-8011-5229

2018/09/26

攣る原因ってなんですか?

攣ってしまうのはなぜ?
・ミネラル不足
・水分不足
・筋肉の疲労
この3つは良く言われていることです。

皆さんが知らないもう1つの原因、それが「浮腫~むくみ~」です。

長距離移動による浮腫
普段の仕事による浮腫
立ちっぱなしによる浮腫
座りっぱなしによる浮腫
塩分や水分の取りすぎでも浮腫む
睡眠不足や疲労が溜まってしまっても浮腫が出てしまいます。
いろいろな原因で浮腫んでしまいます。

これらの浮腫がなぜ攣ることに繋がるのか。
浮腫とは、皮膚の下にある皮下組織の部分に余分な水分がたまっている状態のこと。
その浮腫が筋肉や血管を圧迫してしまう。
血流も正常に流れてはくれない。筋肉も動いてくれないのは当たり前。
全身の血流も滞留する。
それが慢性化すれば、、、大きな病気になってしまいます。

浮腫んだ状態。それこそがもうすでに疲れてしまっている状態のこと。
その状態で運動をすることは、自分に疲労感がなかったとしても体的にはとても辛いんです。
運動をしても通常より動きがよくありません。すぐ疲れてしまう。息が上がってしまいます。
無理して動かして「攣る」。

浮腫を改善させるに自分で出来ることは
・リンパのある部分を擦るようにマッサージ
・軽い運動(血流を良くするため)
・ゆっくりお風呂に入る
・数十分足を上げておく
全身の血流を良くして上げることが一番です。
試してみてください!

しかし、それだけでは改善しない人がたっくさんいます。
もう自分で改善できることができないほど強い浮腫が出てしまっている人がたっくさんいます。
そのためにはそのための「専門のマッサージを受ける」「施術をしてもらう」ことをお勧めします。

私の場合ですが
上記の自分の出来ることをしますが、その他に
家の中で100円ショップの足指サポーターをして1時間ぐらい過ごす。
施術を自分に施します(笑)

ホノルルに行くのですが、飛行機移動で凄い浮腫が出てしまうんです。
ホノルルセンチュリーライドのお仕事なんですが、自転車に乗ってまず気付くことはサドルが高い。
全くポジションを変えていないのに。
飛行機の座りっぱなしで体が固まってしまっていることはありますが、
パンパンにはっているふくらはぎ。
筋肉が固まってしまって、足が短くなることが原因でした。
それを身をもって体験して、改善策がこれです!

戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top